あなたにぴったりなウェルネスをお届けします

ビューティー

飲む日焼け止めにはデメリットがある!?デメリットの解決策も合わせて解説!

【PR】

飲む日焼け止めのデメリット

飲む日焼け止めは、欧米を中心に広まった商品です。

より徹底的に体の内側から日焼け対策をしたい人におすすめですが、「飲む日焼け止めにはデメリットがあるの?」「失敗せずに選ぶためにはどうすればいい?」と悩んでいる人も多いのではないでしょうか。

そこでこの記事では、飲む日焼け止めのメリットとデメリットを詳しく解説し、飲む日焼け止めを失敗せずに選ぶためにポイントを紹介します。

これから飲む日焼け止めを使ってみようと考えている人は、ぜひ参考にしてください。

飲む日焼け止めのデメリットとは?

はじめに、飲む日焼け止めのデメリットを解説します。

購入後に「こんなはずではなかった」とならないためにも、デメリットも頭に入れておきましょう。

<飲む日焼け止めのデメリット>

  • 即効性には期待できない
  • 紫外線自体をブロックする効果はない
  • アレルギーが起こる可能性がある

デメリット1.即効性には期待できない

飲む日焼け止めは薬ではないため、即効性には期待できません。

塗る日焼け止めのように、外出する少し前に服用してもあまり意味がないと言われています。

継続して飲み続けるうちに、日焼けに強い体質へと徐々に変化します。

そのため、外出しない日や紫外線の少ない冬であっても、しっかりと毎日飲み続けることが大切です。

デメリット2.紫外線自体をブロックする効果はない

飲む日焼け止めは、塗る日焼け止めとは期待できる効果が異なります。

塗る日焼け止めは、日焼け止めを塗った部位に対して、紫外線をブロックする効果が期待できます。

しかし、飲む日焼け止めには、紫外線をブロックする効果は期待できません。

飲む日焼け止めが効果を発揮するのは、紫外線を浴びた後です。

抗酸化作用をもつ成分を主としているため、紫外線による肌ダメージを軽減する効果が期待できます。

そのため、飲む日焼け止めだけを使っていても、日焼け止めを塗っていない状態と同じように紫外線を吸収してしまいます。

つまり、飲む日焼け止めは単体使用ではなく、塗る日焼け止めとの併用がおすすめです。

デメリット3.アレルギーが起こる可能性がある

飲む日焼け止めは食品サプリメント扱いとなるので、食品アレルギーがある人は注意が必要です。

場合によってはアレルギー症状が発生する可能性があります。

商品によって含まれている成分も異なるため、飲む日焼け止めを選ぶ際には、しっかりと成分を確認するようにしましょう。

とはいえ、飲む日焼け止めの主成分は天然成分であるため、副作用の心配はほとんどなく、アレルギーさえ注意すれば安全に飲むことができますよ。

飲む日焼け止めはデメリットだけではない!飲む日焼け止めのメリット5選

「飲む日焼け止めはデメリットが多い」と思われがちですが、メリットも多くあります。

また、飲む日焼け止めのデメリットは解決策があるため、さほど心配する必要はありません。

ここからは、飲む日焼け止めのメリットを解説します。

<飲む日焼け止めのメリット>

  • 体の内側から徹底した日焼け対策ができる
  • 商品によっては美容成分も一緒に摂取できる
  • 塗り直しや塗りムラを心配する必要がない
  • 日焼け止めを塗りにくい場所の日焼け対策も可能
  • 肌の負担を軽減できる

メリット1.体の内側から徹底した日焼け対策ができる

飲む日焼け止めは、体の内側から日焼け対策をしたい人にピッタリです。

塗る日焼け止めや、アームカバー、UVカットパーカーなどと併用することで、より徹底的に日焼け対策ができます。

また、飲む日焼け止めは塗る日焼け止めにはない「紫外線を浴びた後のケア」ができる商品です。

日焼け止めを体全体に塗っていたとしても、100%紫外線を防ぐのは難しく、多少は吸収してしまうでしょう。

飲む日焼け止めは、紫外線による肌ダメージを軽減する効果が期待できるので、できるだけ紫外線を肌に吸収させたくない人は飲む日焼け止めも併用してみるといいかもしれません。

メリット2.商品によっては美容成分も一緒に摂取できる

飲む日焼け止めは、商品ごとに配合されている成分が異なります。

主成分は似ていますが、その他の成分は商品によってさまざまです。

例えば、ビタミン類やポリフェノールが配合されている飲む日焼け止めを服用すれば、日焼け対策に必要な成分だけでなく、美容成分も一緒に摂取できる点がメリットです。

メリット3.塗り直しや塗りムラを心配する必要がない

塗る日焼け止めは、時間の経過とともに摩擦によって効果が落ちてしまったり、塗りムラが発生したりします。

しかし、飲む日焼け止めは1日に必要な量を飲み続ければいいので、塗り直しや塗りムラを心配する必要がありません。

飲む日焼け止めは、塗る日焼け止めよりも楽に続けやすい商品だと言えるでしょう。

メリット4.日焼け止めを塗りにくい場所の日焼け対策も可能

飲む日焼け止めは、全身の日焼け対策が一気にできます。

塗る日焼け止めが塗りにくい背中の真ん中部分や、髪の毛や頭皮の日焼け対策も可能です。

ただし、塗る日焼け止めのように紫外線をブロックする効果には期待できないので、帽子なども使用するのがおすすめです。

メリット5.肌の負担を軽減できる

塗る日焼け止めは、肌質によっては肌荒れしてしまったり、丁寧なクレンジングが必要で肌への摩擦は避けられなかったりします。

しかし、飲む日焼け止めを使用することで、塗る日焼け止めのSPFやPAを低いものにできたり、少しの外出では塗らないといった選択ができたりするでしょう。

もちろん、飲む日焼け止めには紫外線をブロックする効果がないため、完全に塗る日焼け止めを止めることはおすすめできません。しかし、飲む日焼け止めを使用することで今までよりも肌の負担を軽減できるようになるでしょう。

飲む日焼け止めの失敗しない選び方

飲む日焼け止めは、さまざまなメーカーから販売されており、種類も多くあります。

そのため、「どの飲む日焼け止めを選べばいいのだろう?」と悩んでしまう人も多いはずです。

ここでは、飲む日焼け止めの失敗しない選び方を解説します。

<飲む日焼け止めの選び方>

  • 主成分をチェックする
  • 「機能性表示食品」の表示があるものから選ぶ
  • 飲みやすいと感じるものを選ぶ
  • GMP認定工場で作られているものを選ぶ

選び方1.主成分をチェックする

飲む日焼け止めの主成分は、商品によって異なります。

メジャーとなるのは、「ニュートロックスサン」または「ファーンブロック」です。

ニュートロックスサンはシトラスとローズマリー、ファーンブロックはシダ植物から抽出された天然成分です。

商品によっては、これ以外の成分を主成分としているものもあります。

どの成分を主としているのか、その成分にはどのような効果が期待できるのか、しっかり見極めるようにしましょう。

選び方2.「機能性表示食品」の表示があるものから選ぶ

飲む日焼け止めは食品扱いとなるため、商品によっては「機能性表示食品」と記載されているものがあります。

「機能性表示食品」とは、科学的な根拠を元に、機能性が認められた商品のことです。

機能性が明確に表記されているため、安心して飲むことができます。

どの飲む日焼け止めにしようか迷っている人は、「機能性表示食品」の表示があるものから絞ってみるのがおすすめですよ。

選び方3.飲みやすいと感じるものを選ぶ

飲む日焼け止めの形状は、商品によって異なります。

錠剤のような小さな粒のものもあれば、大きなカプセル形状のものもあります。

飲む日焼け止めは毎日飲み続けるものなので、できるだけストレスなく楽に飲めるものを選びましょう。

カプセルを飲み込むのが苦手な人は、できるだけ小さな粒になっているものを選ぶのがおすすめです。

選び方4.GMP認定工場で作られているものを選ぶ

安全性を重視して飲む日焼け止めを選ぶなら、「GMP認定」表記がされている商品を選びましょう。

GMP認定とはGMP認定工場で作られており、一定の品質が認められた商品です。

原材料の品質や、異物の混入の有無、衛生面などがしっかり管理されているため、安心して飲み続けられますよ。

まとめ:飲む日焼け止めはデメリットばかりではない!徹底的に日焼け対策をしたい人におすすめ

飲む日焼け止めには確かにデメリットがあるものの、成分をしっかり調べたり、塗る日焼け止めと併用して使ったりしていれば、さほど心配するものではありません。

それ以上に、体内から徹底的に日焼け対策ができたり、美容成分も一緒に摂取できたりなど、飲む日焼け止めを使うことによるメリットのほうが多いです。

飲む日焼け止めは体内に入れるものなので、塗る日焼け止め以上に、慎重に商品を選びましょう。

食品アレルギーがある人は、成分をしっかり見極め、安心して飲めるものを選んでみてください。

また、機能性表示食品の表記があるものや、GMP認定工場で作られている商品を選ぶなど、第三者から認められている商品を選ぶと安心です。

普段の日焼け対策にプラスして、より徹底的に日焼け対策をしたい人は、飲む日焼け止めも検討してみてください。

この記事を書いた人

うたぴん
うたぴん
学生時代は陸上競技で長距離を、卒業後はNESTA公認パーソナルフィットネストレーナーとして月間100人以上のカラダメンテナンスに従事しました。 WELLSTAでは、パーソナルトレーナーの経験を活かしてフィットネスの魅力をお届けできればと思います!
\ とにかく安くてコスパが良いジムをお探しの方 /