あなたにぴったりなウェルネスをお届けします

ビューティー

丹田を意識するには?メリットや意識するコツを解説!

【PR】

丹田を意識

丹田を意識する。大まかに全体像が解ってもさらにより具体的に把握しないと中々行動レベルで丹田を意識することは難しいとは思います。それでは、具体的に何をどう丹田を意識したらいいのでしょうか?

今回記事ではそのことについて、もう少し掘り下げてご説明したいと思います。

「その他にもっと詳しく丹田について調べたいんですけど、何を見ればいいのでしょうか?」

そういった方のために、丹田ブログの内容をシンプルにまとめた記事を作りました。

丹田を鍛える5つのメリット

  • 丹田に関する2つのデメリットとその解決方法
  • 丹田を誰でも簡単に鍛えられる3つのステップ
  • 丹田をさらに鍛えたいあなたへ

etc..

もしかしたらこちらの記事を読むだけであなたは調べたかった情報と巡り合えるかもしれません。

気になる方は、どうぞこちらも合わせてご覧下さい。

↓ ↓ ↓
◎丹田を誰でも簡単に鍛えられる方法!

丹田を意識すると健康に良い?

お腹を引込め続け、腹圧を高め、内臓機能と背骨の歪みを防止し、肉体のバランス力を向上させることが、丹田を鍛える目的でもあります。

筋トレの本質とは、あくまでこのお腹を引込め続けることをすることが前提であり、その上でいわゆる腹筋の筋トレを行うからこそ、本当の効力をもたらすことが出来るんですね。

表面の割れ目を作るためを筋トレをしているのか、丹田を鍛え、内臓機能、肉体のバランス力を上げるために筋トレをしているのか、では行動がもたらす結果の質が、大きく変わっていきます。

お腹を鍛えるとは、割れ目を作るためではなく、内臓機能と肉体のバランス力を上げるためのものであります。

まずはイメージを変えてみて下さい。

腹圧が高まっていけば、自然と表面の筋肉もついてきて、お腹も自然に割れてきます。

ですので、焦らずに、地道に本質的なトレーニングを積まれた方が、後々大きな収穫を得ることがきちんと出来ますので、まずは腹圧を強化することに集中してみて下さい。

それではもっと具体的に、どうすれば腹圧を高めることが出来るのでしょうか?日常生活で実践出来る、行動レベルで丹田を意識することにご興味がある方は、是非こちらもご覧下さい。

↓ ↓ ↓
丹田の鍛え方まとめ

丹田を意識すると運気が上がる

丹田を意識すると運気が上がる。

その様なお話を目にされた方、イメージが何となくある方、少なくはないかと思われます。

一説によるとお金や豊かさのエネルギーは丹田に対応していると言われています。

丹田を鍛えて強くなる、ということは運気もまた強いと言えます。

確かに運気が高そうな芸能人や有名人、会社経営者などと言った方々は皆さんエネルギッシュでパワフルで、いかにも丹田が強そうなイメージがありますよね?

こちらの記事に丹田が上がると運気が上がることについて詳しく書いています。こちらもどうぞチェックしてみて下さい。

↓ ↓ ↓
丹田が強い人の特徴は?鍛えると運気が上がるってほんと?

丹田を意識すると発声が良くなる

丹田を意識して発声を良くするコツ。

発声と言えば「お腹から声を出して!」「お腹に力入れて!」と良く言いますが、実際にそれはどういうことなのでしょうか?そんな疑問を持たれている方も少なくはないとは思います。

そこで、良い発声をするためにお腹、丹田がどう関連しているのか?そのコツについてこちらの記事で詳しく書いています。ご興味ある方は是非ご覧下さい。

↓ ↓ ↓
◎丹田を鍛えて発声するコツ。

丹田を意識すると幸せホルモン「セロトニン」が増える

丹田はおへその少し下の辺りで、その体の内側の辺りに位置します。

肋骨より下ですので、腸に当たる場所の中にあります。

そして実はその腸から幸せホルモン「セロトニン」が何と95%も生成されているという医学的根拠が証明されています。

東邦大学医学部統合生理学の名誉教授であり「セロトニン研究」の第一人者である有田秀穂先生による、リズム運動によって「セロトニン」を生成する方法など、「セロトニン」を通じて幸せ力アップを図る秘訣についてこちらの記事で詳しく書いています。是非ご覧下さい。

↓ ↓ ↓
丹田を鍛えるとセロトニンが増える理由。

腹筋を鍛えることと丹田を鍛えることの違い

俗にいう、腹筋を鍛えるイメージというものがあるかと思われます。

仰向けになって、両腕を頭の後ろに組んで体を起こして、また練るの反復運動。

確かにこういう筋トレによって、腹筋は鍛えられ、頑張ればたるんだお腹が引き締まり、お腹も割れていきます。

しかしながら、本当に厳密な筋トレをすれば丹田を鍛えることは可能なのですが、多くの方は、その本当の筋トレの仕方の感性がまだありません。

その筋トレの本質を解らないまま、こういった筋トレをしても、肝心の丹田を鍛えることとはちょっと目的が違ったエクササイズになってしまい、いつまで経っても丹田は鍛えられません。

その本質を理解しないままこういった筋トレをしてしまうと、腹筋の表面の筋肉である、腹直筋しか鍛えられません。

いわゆる、お腹の割れ目ですね。見た目は割れてたらカッコいいのですが、肝心の丹田が鍛えられないので、エネルギーそのものが変わることがなく、肝心の行動力が変わることが出来ません。

それでは、何がどう違うのでしょうか?

丹田を練る、とは腹圧を強化することであり、お腹を引込め続ける力を意味します。

丹田についての関連記事

この記事を書いた人

まさかず
まさかず
リラクゼーション業歴13年で、経歴は整体師→副店長→店長と、不思議なご縁に導かれて様々な経験をしてきました。現在はフリーに戻って、一人の整体師として活動しています。元々メンタルが弱く、極度の対人恐怖症だった一人の人間が学んできた「丹田の鍛え方」について発信中。
\ とにかく安くてコスパが良いジムをお探しの方 /